建築工房 藁

自然素材で家を作る、建築屋のブログ

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メイソンリーヒーター

3年ほど前ロケットストーブに出会ってからというもの、薪を燃料としたストーブについてあれこれ考えてきた。
ロケットストーブに出会う前から、伊那の有賀製材所さんで長年取り組んでこられたペチカに出会い、大きな魅力を感じていた。
実際、藁で施工させてもらったお宅でペチカを採用した現場もあり、その良さも実感している。
ただストーブに限らず、大切なのは、どういう人がどういう環境でどんな使い方をするのか、つまりTPOが大事で、総ての人が満足できる製品というのはないのかもしれない。
それは裏を返せば、どんな優れた性能を持ったストーブであっても、使う人によっては満足度にばらつきがあり、どこかに必ず改良の余地があるということだ。

ロケットストーブをあれこれ試していた時「仕事としてやらないのですか?」という質問を受けたことがある。
その時は、そこまでのレベルに達していなかったし、まだ不具合を経験していなかったので、仕事としてやることはできないと思っていた。
その後色々試したが、ロケットストーブを他所の家に施工する自信はまだ持てないままだ。
それは、ロケットストーブの性能が低いということではなくて、むしろ性能の良さが、多くの日本人の生活スタイルと合致しないと感じるようになったことが大きい。

ロケットストーブの良さの一つに、燃料である薪の量が少なくてすむということがある。
燃費が良く、本体(蓄熱体)に効率よく熱を取り込むため、排気の温度を低く抑えることが出来る。
一般的な薪ストーブにはない素晴らしい性能であるが、そのために細かい薪が必要だったり、薪を細くした分補給する時間が短くなったりと、逆の手間が発生してしまう場合が多い。
それを楽しめる生活をしている人にはメリットだが、日本人のほとんどは忙しく、それが煩わしく感じる場合が多いようだ。
藁の工房でもロケットストーブを3シーズン使ってきたが、大きな利点は認めつつ、常にデメリットも感じていた。

そんな中、以前離れの屋根工事もさせてもらった「石積みの家」のNさんから連絡があった。
離れとして新しく建てた「石積みの家」の下屋に、屋根をかけてほしいとのこと。
実は2ヶ月ほど前から「時間が空いたら来てほしい」と言われていたのだが、大雪などの影響もあり延び延びになっていたのだ。
それがようやく先日、伺えることになった。


ラク
写真は帰り際、窓から見送ってくれたラク。

一通り屋根の打ち合わせをした後、Nさんから「今度メイソンリーヒーターをやってほしいと相談を受けたのだけれど、杉山さん知っていますか?」との話があった。
「そういえば」と思いだしたのが、以前、藁で行った版築ロケットストーブのワークショップに参加してくれた友人の話。
同じくワークショップ参加者のTさんが、自宅の暖房として研究中とのこと。
早速友人に電話をして、詳しい話を聞いてみた。
そこで話題に上ったのが伊那で薪ストーブのメンテナンスを生業としている通称マキメンの小野沢さんだ。
実は彼も、版築ロケットストーブのワークショップに2日目だけだが参加してくれていて、それ以来お付き合いをさせて頂いている。
その場でマキメン小野沢さんにも電話してみたところ、何と昨年アメリカで行われたメイソンリーヒーターのワークショップに行ったのだという。
彼も石積みの家のことは知っていたようで、一度行ってみたいと思っていたとのこと。
その場で日を決め、後日改めてマキメンさんと共に石積みの家を訪ねた。

ロケットストーブをやろうと思ったきっかけをくれたのは、安曇野パーマカルチャー塾でお世話になっていたシャンティクティの臼井さんだった。
パーマカルチャー塾では建築実習の講師として、4年間で3回呼んで頂いたが、臼井さんからロケットストーブの話を聞いたのは真ん中の年。
話を聞いてから実際に作るまで、2年ほどかかった。
さぼっていたとかピンとこなかったということではなくて、自分にとってはそれがピッタリのタイミングだったのだと思う。

そして今回のメイソンリーヒーターも、実は数年前にすでに出会っていたことが、マキメンさんの話を聞いて分かった。
以前現場を見学に来てくださった美麻珈琲さんに置かれていたソープストーンストーブが、この仕組みを応用したストーブだったのだ。
その時はそれ程感じなかったのだが、点と点が繋がり、ここにきてようやく目が覚めたようにメイソンリーヒーターが気になってきた。
海外のサイトメイソンリーヒーター
日本ではまだほとんど普及していないようで、北海道、滋賀、長野でやっておられる方がいるようだ。

ストーブのプロ、石積みのプロ、そしてプロの大工が集まってあれこれ話をすると、当然ながら具体的な施工の話しになる。
性能は、ペチカとロケットストーブのいいとこ取りのような燃焼の仕組みで、これ以上ないというほどの完成度。
問題は、実際にこれを施工した場合のコストだという意見で一致した。
そして日本でまだほとんど実績のないメイソンリーヒーターの性能を証明するためには、とにかくたくさん作って経験を積み、一つでも多く実物を増やしていくことが重要だ。

薪ストーブ、ペチカ、ロケットストーブと来て、ついにメイソンリーヒーターまでたどり着いた。
人から見たら遠回りだったかもしれないが、僕にとってはこれがベストのタイミングだったのだと思う。
人生またまだ楽しいことが待っている。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!

| 薪ストーブ | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガシファイヤー

「ガシファイヤー」
新しい戦闘ヒーローの名前ではありません。
木質バイオマスを使ったボイラーの名前。
ロケットストーブを一通り試してみて、次のターゲットとして以前から注目しているストーブだ。

先日、イエルカストーブのイエルカさんご夫妻が、用事で山梨まで行く途中に立ち寄ってくださった。
その時、僕が作ったロケットストーブを見てもらって、様々なストーブの話になったが、その時イエルカさんが言った「ガス化」という言葉が強く心に残った。

イエルカさんは、「タールはもちろん、煙もほとんど出さないストーブを目指している。そのためには燃料をガス化させて燃焼効率を上げることだ」と言っていた。
そこでふと思い出したのが、以前から気に留めていたドイツ製のバイオマスストーブだった。

ガシファイヤーのPV動画

ガシファイヤーについて、バイオマスストーブについて、もっと勉強する必要がありそう。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!

| 薪ストーブ | 11:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イエルカの薪ストーブ

僕が今、最も注目しているイエルカの薪ストーブ
「薪ストーブメンテナンス」略してマキメンの小野沢さんに紹介して頂き、その後飯田の近藤材木店さんで実物を見て、すっかり虜になってしまった。

イエルカストーブ

どうしても作っている方にお会いしたくて、マキメンの小野沢さんにお尋ねしたところ、ちょうど近々行く予定があるとのこと。
早速、ストーブを注文されたお施主さんに便乗させて頂き、念願のイエルカさんにお会いすることが出来た。
左から、僕、イエルカさん、小野沢さん。

イエルカストーブ

こちらは、納品を待つイエルカさんの薪ストーブ、2台。

イエルカストーブ

イエルカさんのもう一つの顔は、なんと陶芸家。玄関が、素敵なギャラリーになっていた。
更に奥様と共に、織物もされるそうだ。
ご自宅の2階には、本格的な機織り機が3台もあり、ご夫妻の作品が家の中で、さりげなく使われていていた。

イエルカストーブ

ご自宅は、かつて林業で栄えた伊那谷の古民家。
あれほどの太い梁、そして見えないところのこだわり、あんなすごい民家は初めて見ました。

嫁さんもイエルカさんと記念写真。

イエルカストーブ

もちろん私も。

イエルカストーブ

初めてお会いしたのに、昔から知っていたような、そんな雰囲気のイエルカさんと奥様。
人柄、雰囲気、センス、暮らし方、価値観、どれをとっても、自分たちにはまだまだ足りない、輝きと重みを感じました。

イエルカストーブ

連れて行ってくれた小野沢さん、ご一緒して下さったお施主さん、そしてイエルカさん、奥様、ありがとうございました。
もっとゆっくり色々話をしたかったのですが、子供たちのお迎えの都合で、途中で失礼してしまいました。
でもまた、きっとすぐお会いできる気がします。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!

| 薪ストーブ | 00:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪ストーブ

自宅の薪ストーブの煙突を掃除した。
そのついでに天板を改良。

ストーブ

かなり以前、知り合いの鉄工作家さんに作ってもらっていた天板を設置。
壁との距離の関係で煙突が前に来てしまったが、この際見た目は勘弁してください。

ストーブ

お陰で、以前は出来なかった調理や湯沸しが出来るようになり、より利用価値が高く、かつ楽しくなった。
これで天板にエコファンも置ける。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!

| 薪ストーブ | 10:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。