建築工房 藁

自然素材で家を作る、建築屋のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

茗荷谷アートスタジオ、日暮雄一写真展「泥に住まう」

無謀にも、嫁さんと子供4人引き連れ、あずさで東京出張。
目的は、茗荷谷アートスタジオで17日から行われる、写真家日暮雄一さんの写真展「泥に住まう」を見るため。
ちなみにこの写真展は、23日まで開催されている。

日暮雄一写真展

土壁に興味のある方は、一度は日暮さんの写真を見たことがあるはず。
主にアフリカの、まさに泥の家の写真は圧巻。
コンフォルト土と左官の本3にも、日暮さんの写真が載っている。

茗荷谷で合流した、同業者(建築写真家)の義兄家族と一緒に、展示された写真や図面を拝見した。
本当は夕方5時からの、オープニングレクチャーに参加したかったけれど、子連れのため断念。
写真はもちろん、展示方法やイラストなども見れたし、何より日暮さんご本人と話が出来たので満足。

それにしても東京は、子供4人も連れて行くところではないね。
正直、親も子も疲れました。
でも地下鉄では席を譲ってもらい、あずさでも若者が席を替わってくれたし、エレベーターでは年配の人に話しかけられたり、人の暖かさにもたくさん触れることができた。
日本の皆さん、本当は優し人が多いね。
土壁の勉強に行き、人の優しさにも触れた1日でした。

スポンサーサイト
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!

| 土壁・漆喰・左官 | 23:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こちらこそありがとうございました。
うちに帰ってから「土と左官の本」読み直しています。
日暮さんの写真そしてイラスト、素晴らしいです。
これからも土の魅力を伝え続けてください。

| wara | 2011/09/20 22:58 | URL |

この度は、遠くからご家族で写真展を見に来てくださり本当にありがとうございました。
準備であまり寝てない日が続いたので頭が回っていなく、ただでさえ話が下手なのに、ろくな話もできずすみませんでした。
こんどは是非、私の方が遊びに行きたいです。

| HIGURASHI | 2011/09/20 22:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://strawarbor.blog97.fc2.com/tb.php/99-049b57aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。