建築工房 藁

自然素材で家を作る、建築屋のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岡持ち、そして箱膳

博山先生を通して、八ヶ岳ブレッドのコーナーポケットさんから注文頂いた岡持ち10個製作中。

岡持ち

時間を見つけてコツコツ作ってきたが、この日曜日に一日作業してほぼ完了。
細かいところを修正すればようやく完成だ。
この岡持ちにパンとコーヒーを入れ、天気のいい日にはベランダで食事を楽しむことが出来る、というのが博山先生の提案。

岡持ち

岡持ちと同時に、コツコツ作っていたものがもう一つある。
それがこれ。

箱膳

蓋を取ると中には…。
以前勇建工業さんから譲って頂いた漆喰かまど
そう、漆喰かまどを納める箱膳を作っていたのだ。

箱膳

側面をけんどんにして、そのままでもご飯が炊けるように工夫。

箱膳

反対側は引き出しに。
引き出しの上は、仕切りをつけて収納スペースにしてみた。

箱膳

機能的な、現代風箱膳の出来上がり。
でも、本当に使い勝手がいいかどうかは、実際使ってみなければわからない。

箱膳

これを作った本当の目的は、ランチボックス。
普段、仕事には弁当を持って行く。
冬は保温製の弁当箱、夏場はメンパを使っているが、毎日作る人(嫁さん)は大変だ。
それに、やはり炊き立てごはんに勝るものはない。

以前お会いした時、勇建の加村社長も「これでご飯を炊くと、あまりおかずがいらない」とおっしゃっていたがまさにその通り。炊き立てのご飯にはあまりおかずがいらないのだ。
勇建さんの漆喰かまどが来てから、炊き立ての弁当が夢ではなくなった。
今までそれを納める箱がなく実現していなかったのだが、ついに漆喰かまどで炊いたご飯を、弁当として毎日食べることが出来るようになった。
ちょっと重いのが玉にきずだが、これを持って現場に行く日が待ち遠しい。
スポンサーサイト
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!

| 雑記 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://strawarbor.blog97.fc2.com/tb.php/355-a207a8d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。