建築工房 藁

自然素材で家を作る、建築屋のブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

版築ロケットストーブ

版築のサンプル2つ目を作ったあたりから、どうせサンプルを作るのなら何か使えるものができないだろうか、と考えた。
そこで思いついたのが、版築で作った暖炉。
工場で使っていた薪ストーブを去年、自宅に持って行ってしまったので、工場の一角に設置することに。
どうせやるなら暖炉ではなく、ロケットストーブの仕組みを取り入れた燃焼システムにしようと思いついた。
以前シャロムの臼井さんが作った、ペチカ型ロケットストーブを参考に、手元にある材料で型枠を組む。
燃焼搭は120ミリのステンレス煙突、ボイド管を使って土の層と断熱材の層を作る。

版築ロケット

ボイド管の二重目は断熱層。
手元に適当な断熱材がなかったので、もみ殻に土を混ぜたものを使ってみる。

版築ロケット

ヒートライザーと断熱層の間には、土を詰めて突き固めた。
高温でステンレス煙突が傷んでも、この土の層が断熱材を保護してくれるのではという目論見。

版築ロケット

あとはひたすら土を練り、型枠に入れ突き固める。
一番上は鉄板でふさぐ予定。
排気の通り道を想像しながら煙道を作ってみた。

版築ロケット

型枠を外す。
思わず声を上げてしまいそうなくらい、版築の美しいラインが現れた。

版築ロケット

右側の一段低いところが焚口。

版築ロケット

これ一台で、今年の冬は工場での作業が楽しくなりそう。
スポンサーサイト
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!

| ロケットストーブ | 10:21 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2017/08/05 05:31 | |

手造りロケスト遊びを
昨冬から始めた。改良試作14台。

薪割りの重労働、燃料薪の0軽トラ数台分の確保など
から解放されるロケストを模索中です。

スス、タール、木酢、オキ炭が出ない(掃除がたいへん)
完全燃焼の蓄熱式ロケスト、無理かなぁ・・・。

版築の応用もアリ、なようですね。

| 大城茂櫻 | 2016/09/24 04:58 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/02/10 23:51 | |

コンクリート系の材料は熱に弱いので、使う場所など注意が必要かも。でもセメントを混ぜるのはありかもしれません。私も固めたい時には使っています。

| wara | 2011/11/08 06:21 | URL |

土と石灰で固まるとは、当地の土質にも不安があって
コンクリを混ぜてみようかと思っています。
うまく層が表れればいいのですが。
ありがとうごじざいました。

| HANIPO | 2011/11/07 23:33 | URL | ≫ EDIT

HANIPOさん、ロケットストーブの特徴の一つが、誰でも作れるということです。版築に使う土は土壁に使う粘り気のある土です。それに砂や石灰を混ぜます。配合は人それぞれ、色々実験してみてください。
papaさん、表面をタイルなどで覆うのはありだと思います。その場合わざわざ版築にしなくても良いかも。日干しレンガとか、普通の安いレンガとか…、でも版築のメリットもあります。色々やってみましょう。

| wara | 2011/11/05 22:41 | URL |

思いつくけど、それを実現させてしまうところがすごいですね^^。

この方法なら、ドラム缶のサイズにとらわれないロケットストーブの実現が可能だし、型を作れば、量産も出来るかもしれないですね。
これで作って、表面をタイルワークするのも面白そう。

2号機、3号機も期待します。

| papa | 2011/11/05 22:23 | URL | ≫ EDIT

はじめまして、今年の冬に作ってみたいと思って
ドラム缶でないロケットストーブの形を模索していました。 
はじめて版築という工法を知りその上キレイです!
私も作れればいいと思うのですが、
土にはやはりなにかコンクリや石灰など混ぜるのでしょうか?
粘りのあるものや粘土質の土を使ったりでしょうか
シンプルでキレイでな作りに驚きました。

| HANIPO | 2011/11/01 18:39 | URL | ≫ EDIT

版築の模様、とても美しいですね。
計算で出せないところが魅力だと思います。
そのためにいくつもサンプル作ってます。
そろそろ寒くなってきたので、版築ロケット火入れをするつもりです。

| wara | 2011/09/26 23:23 | URL |

すごくきれいに層がでていますね。
どんな燃焼するのかワクワクします。
火入れが楽しみですね!

| 巾かずし | 2011/09/24 07:59 | URL |

ロケットストーブの特徴の一つが、燃焼効率の良さ。
従来の薪ストーブと比べて、薪の量が格段に少なくて済みます。
実は、断熱層として使ったもみ殻がどうなるか、ちょっと楽しみなのです。
炭や灰となって断熱材として働くかもしれないし、逆に燃えてしまってやっぱり駄目だったとなるかもしれない。
燃えてしまっても、また上から別のものを入れることもできます。
むしろ結果がどっちでも、その答えがわかったということで得られるものが大きいと思っています。

| wara | 2011/09/20 23:07 | URL |

今年になってロケットストーブの存在を初めて知り、本も購入してみたけど東京にいたら作る機会がない・・・
薪ストーブより効率が良いんですよね。
冬になったら見に行きたいなぁ。
でも、もみ殻は
くんたんになってしわないのでしょうか?
まぁ、なっても空気層として残っていれば良いのかな?

| HIGURASHI | 2011/09/20 22:39 | URL |

健二さん、ありがとうございます。
空いた時間にやるつもりだった版築ですが、やってみるとほとんどこれに時間とられていますね。
周りの人には、遊んでばかりいるように見えるのでしょうね。(苦笑)
シャンティのアースバック、素晴らしいです。
シャンティの進化も楽しみです。

| wara | 2011/09/18 21:23 | URL |

杉山さんやりましたね。モルタルよりもいいですね。
また進化しましたね。早く焚いてみてください。
わくわくストーブの進化型ですね。
火遊びにはまっていますね。こんな火遊びは大歓迎ですね。
杉山さん仕事してますか。遊んでばかりの感じです。
このあそびがだいじなんですよね。
私はアースバックハウスでさらなる進化をと思っています。
参考にさせてください。

| ケンさん@シャンティクティ | 2011/09/18 13:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://strawarbor.blog97.fc2.com/tb.php/100-19b55522

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。