建築工房 藁

自然素材で家を作る、建築屋のブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伝統構法でめざす、ユネスコ無形文化遺産登録

5月25日(土曜日)名古屋工業大学で行われた、日本左官会議主催のフォーラムに参加。
題して「無形文化遺産をめざす、伝統構法と左官技術」。
パネリストは、それぞれ日本を代表するその道の専門家の方々。

左官会議

先ずは、京都工芸繊維大学名誉教授で、長年、数寄屋・茶室の研究を通して和風建築の研究や創作をしてこられた中村昌生先生。
先生が保存や記録に係わった、利休の待庵をはじめ有名な茶室、桂離宮などの伝統建築を通して、伝統構法を後世に伝える意義と必要性を教えて頂いた。

左官会議

続いては、工学院大学教授で文化財をはじめ日本の建築史や歴史的建造物の保存・修復に詳しい後藤治先生。
「文化財建造物における左官の位置づけ」というテーマで、世界文化遺産登録に向けて具体的なプロセスの話が聞けた。

左官会議

次は、日本左官会議の議長を務め、日本を代表する技術を持った左官職人・原田進親方。
足元にあるその土地の土や藁を使った土壁塗りの事例を、写真を使って紹介して下さった。
個人的にも原田親方とは親交があり、この日も親方の話を聞けるのが楽しみだった。
素晴らしいのは、原田さんの仕事への取り組みはもちろん、その考え方・哲学だと思っている。
この日も少しだけ、深い話をきくことが出来た。
左官会議の議長としてのおつとめ、お疲れ様でした。

左官会議

休憩をはさみ、次に登壇したのは、こちらも日本を代表する技術を持った左官職人・挟土秀平さん。
テレビ等でも度々取り上げられたことがあるので、ご存知の方も多いはず。
今回は主に、海外で手がけられた仕事の様子を、写真を使って紹介して下さった。
挟土さんも原田親方同様、その仕事の素晴らしさはもちろん、それ以上に、仕事に対する考え方・哲学が全くぶれず、多くの方の尊敬を集めているのだと思う。
今まで、講習会などでは時々お見かけしたことがあったが、この日初めてお話をさせて頂くことができた。

左官会議

最後に講演されたのは、日本の伝統木造技術を文化遺産にする活動の中心となっておられる大江忍氏。
大江さんからは文化遺産登録へのプロセスや現状・問題点など、具体的な話を伺うことが出来た。

その後、講演をされた先生方に加え、地元愛知で左官をしておられる川口正樹親方も加わり、大江さんの司会でパネルディスカッション。
それぞれの立場で、どうすれば伝統的な日本の建築を後世に残すだけでなく発展させていくことが出来るのか、問題点も指摘され、大変勉強になった。

左官会議

フォーラム終了後懇親会が行われ、参加させて頂いた。
左官会議主催ということで、最も多いのが左官屋さん。
知っている顔も多く、久しぶりにお会いする方などもいて、とても有意義な時間を過ごすことが出来た。
この時、挟土さんに初めてごあいさつさせて頂いたが、気さくに「仕事があったら行くから言ってくれ」と言われびっくりした。
「挟土さん忙しくて、とても無理でしょう」とお答えしたが、嬉しかったですね。
いつかそんな日が来ればいいですね。

左官会議

ちなみに、伝統工法という場合、工法という字を書くのが一般的。
今回の文化遺産登録に向けては、あえて「伝統構法」としている。
建築基準法上も「伝統工法」というくくりは一切なく、驚くことにその定義もまだ、日本国内で定まっていないのが現状なのだ。
従って、大学の建築科での授業や建築士の試験などでも、伝統的な木造の勉強などまるでしないのが残念ながら現実であり、世界文化遺産登録に向けて、先ずはその定義作りから始めて、それを一般的に定着させてゆかなければならないとのこと。
数寄屋などの伝統木造建築をつぶさに見ていくと、大工・左官・建具・表具・屋根etc.それぞれの業種の呼吸がぴたりと合って、一つの作品として完成しており、まさにそれは、それぞれの業種が行う「工法」ではなくて、構造から意匠まで含めた全体としての「構法」なのだそうだ。
「伝統構法」という言葉、初めて目にしたが、奥の深い素晴らしい言葉だと感じた。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト

| 土壁・漆喰・左官 | 09:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

木摺りパネル

材料の仕入れに時々伺う材木屋さんで、「こんなもの作りました」と紹介していたのがこちら。

木摺りパネル

土壁の下地用の木摺りパネル(ヒノキ製)。

木摺りパネル

昔から土壁の下地は竹を使ったものが多いが、竹の少ない地域や、竹以外の材料が身近にある地域などもあり、そうした土地では竹以外の下地も工夫されていた。
要するに、昔の家づくりは、身近にあった材料を使って行われていた。
それによって生まれるのが、いわゆる地域特性。

物流が発達した現在、建物に関して、地域の特徴も何もなくなりつつあるが、気候風土が違う以上、下地や構造に使う材料や工法は、地域によって違って当然だと思う。
またそうした工夫が、家々によってあってしかるべきなのだ。

ヒノキの産地で、ヒノキの端材を使ったこのような土壁用の下地パネルを作るということは、とてもいい流れで歓迎すべきことだと思う。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!

| 土壁・漆喰・左官 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「土」と「左官」セミナーに参加

7月15日東京で行われた、新建新聞社主催、「土」と「左官」セミナーに参加。

土と左官セミナー

会場となった明治薬科大学「剛堂会館」。

土と左官セミナー

定員90名ということで、この後、定刻の午後1時には、会場はほぼ一杯に。

土と左官セミナー

今回の講師陣4名。
それぞれの分野の、第一線で活躍されている方々。

土と左官セミナー

まず最初は基調講演として、日本大学教授・泉幸甫建築研究所代表 泉 幸甫氏が登壇。
「設計事務所に入ったころ、工業化された人工物に魅力を感じず反発、そこから自由で伸びやかな左官の仕事や土壁に共感を得て、それが今の仕事につながっている。」
長年積み重ねて来られた経験と、感性を大事にする左官仕事へのリスペクトが感じられる、深く楽しい話を聞かせて頂いた。

土と左官セミナー

小休止の後、事例発表のトップバッターとして、京都で現役の左官として数多くの仕事を手掛けられる側ら、土壁の研究で博士号を取得し、自ら土壁の伝道師と称して全国を飛び回って活躍されている、佐藤左官工業所 佐藤 ひろゆき氏が講演。
佐藤氏の話は、職人として長年現場に出ていたからこその経験談と、土壁を現代の科学で掘り下げるという両面からの話題が満載で、40分の持ち時間があっという間。
目からうろこの話の連続で、大変興味深く、勉強になった。

土と左官セミナー

お次は、名古屋で工務店を営む、勇建工業 加村 義信氏。
加村氏は、建築工房 藁 ともお付き合いが深く、木摺りパネルや1合炊き漆喰かまどの発案者でもある。
左官業から発展した工務店の成功例として、氏の経験や仕事への取り組み事例は、とても参考になった。

土と左官セミナー

最後は、香川県高松で土壁の研究に取り組んでおられる、土壁ネットワーク・田園都市設計 大西康弘氏。
今年の4月高松土壁セミナーに参加した際お会いしたが、それ以来、一度じっくり話をお聞きしたいと思っていた。
「土壁ネットワーク」の研究・情報収集力はずば抜けていて、他ではできないことを次々と実現している印象。
設計計画も洗練されていて、すぐにでも取り入れたいアイデアに溢れていた。

土と左官セミナー

その後のフリートーク・質疑応答でも活発な意見が交わされ、時間切れで第1部が終了。

第2部は場所を変え、近くのホテルで懇親会が行われた。
同じ長野から参加されている方ともお会いでき、他にもさまざまな方と話をすることが出来た。
懇親会の間、ほとんど佐藤さんの横で、周りの方の質問に答える佐藤さんの深い話を伺うことが出来たことは、感動ものだった。

土と左官セミナー

土壁と左官の世界。
一見、一般人には無関係のように思えるが、人が「家」に住む以上、本当は決して関わりを断てない世界なのだ。
今回のセミナーに参加して、改めて土壁の良さ・必要性を再認識した。
ご案内くださった新建ハウジングの竹内さん、今回お会いした皆々様、ありがとうございました。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!

| 土壁・漆喰・左官 | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2014年左官講習会in山梨

5月17日、18日の両日、山梨県甲府市で左官を考える会主催、左官講習会が行われた。
二日とも参加する予定だったが、17日は知り合いの工務店から建前の応援を頼まれて参加出来ず、残念。
18日のみ、見学として参加させて頂いた。

左官講習会

前日、デモンストレーションで講師陣が仕上げたという黒磨きの壁。
植田親方は「上手くいかんかった」と仰っていたが、なかなかの出来栄え。
これを塗るところが見たかったんだけど…。

左官講習会

この日も鏝を作っている加治屋さんが2軒、店を開いていたが、どちらも大盛況。
左官屋さんが元気だと鏝鍛冶屋さんも仕事が増える。
またその逆も然り。
業種は違うが、職人さんの道具は興味深く、飽きることなく見ることが出来る。

左官講習会

勇建工業さんの竈や岡持ちも展示されていた。

左官講習会

今回講習会で使う材料の配合表。
こういうのを包み隠さず公表するのが、左官講習会の良いところだと思う。

左官講習会

パネルがセットされた会場。

左官講習会

作業の前に、少しだけ皆さんの道具を見せてもらった。
道具やその仕舞い方に、それぞれの個性やこだわりが感じられて、とても楽しいし勉強になる。

左官講習会

左官講習会

左官講習会

左官講習会

左官講習会

左官講習会

左官講習会

そうこうするうちに、白磨きと黒磨きの二チームに分かれて、講習会の始まり。
こちらは黒磨きのグループ。
講師である藤田親方と、左官を考える会を立ち上げた淡路の植田親方のやり取りが楽しかった。

左官講習会

皆さんが作業に取り掛かると、会場はたちまち熱気で溢れた。

左官講習会

道具も様々だが、仕上げのタイミングややり方も人それぞれ。
それがまた素晴らしい。

左官講習会

植田親方もパネルに向かっておられた。
親方の手際の良さは、やはり他の人とは一味もふた味も違う。

左官講習会

粉打ち。

左官講習会

ひと通り鏝を通した後は、素手での磨き。
講習会で何度も拝見しているが、親方の確立された技。
何度見ても素晴らしい。

左官講習会

白磨きも黒磨きも、午前中で皆さんほぼ仕上がっていた。

左官講習会

お昼になり、この日私はここで失礼したが、今回も参加した方にはとても有意義だったに違いない。
甲府という、比較的近くで行われたこともあり、知り合いの左官屋さんも何人か来ていて仕事の話も出来たし、やはり今回も行って良かった。
今回、段取りや準備・片付けを担当した、地元山梨の左官屋さんは大変だったと思う。
お疲れ様でした。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!

| 土壁・漆喰・左官 | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土壁の技術開発報告会

香川県高松市で行われた、土壁の技術開発に関する報告会に参加。
正式名称は「土壁の 耐力性能を安定向上させる技術開発 研究成果報告会」。
高松に拠点を置く土壁ネットワークというグループが中心となって、主に香川大学の先生方が研究の成果を報告するというもの。

香川

高速道路が混んでいて、かなり遅れての参加となった。
土壁の耐力性能(強度)を安定的に向上させるための実験ということで、内容はすこぶる難解ではあったが、かなり面白い試みだと感じた。

香川

フロアには壁土のサンプルや、

香川

全国から集められた荒壁のサンプルが。

香川

報告会の後、交流会と懇親会が行われ、様々なジャンルの方達と土壁や漆喰について深い話が出来たことも今回の収穫だった。
この会に誘ってくれたのは、瀬戸漆喰仲間のワイズの山本さん。
いつもありがとうございます。

翌日は場所を変え、その瀬戸漆喰仲間で倉敷に集まり話し合い。
初めて行ったけれどいい喫茶店だった。

倉敷

高級絨毯の店muniさん。
どちらも、何でも知っている勇建工業加村さんの紹介。
さすが。

倉敷

そして、皆さんと別れた後は、そのまま姫路経由で淡路に移動。
左官を考える会の植田親方を訪ねた。
前の日、高松で一緒だった大分の原田親方も一緒だった。

淡路

この日は姫路に戻るつもりが、親方の言葉に甘えて泊めて頂くことに。
美味しい料理もお酒も心置きなく頂戴しました。
植田親方、ありがとうございました。
そして、初対面の私にも、楽しく深い話をして下さった原田親方にも感謝です。

淡路


翌朝、原田親方のリクエストで、近くの喫茶店でモーニング。
ここにもびっくりする方が飛び入り参加したが、長くなるので誰かは内緒。
実に内容の濃い二日間だった。

それまで何回も、高速で淡路島は通過したことがあったが、高速を降りて上陸したのは初めてだった。
刺激的な出会いの数々、その余韻に浸りながら車を走らせていると、ふとこの建物が目に飛び込んできた。

淡路

骨組みに屋根だけかけたところへ、貫に藁の束をひっかけただけの素朴な小屋。
同じような小屋をいくつか見かけたが、目からうろこの素朴さだった。

最後にこの二日間を象徴するような建物に出会い、この旅が良い旅だったと改めて感じることができた。
出会った皆さま、ありがとうございました。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 クリックで応援よろしくお願いします!

| 土壁・漆喰・左官 | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。